×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





初めに☆☆☆

このページは、ジローの先輩犬、すなわち“他の世界に旅だって行った”わんこ。
びよよんの大切な家族のことを主役にしたページです。
このコーナーを作る事で、一番嬉しいのはびよよんなんです。
いつでも大好きな家族に会えるから…。

歴代わんこの名前をクリックしてみてね☆お顔が見られるようにしました!!


 ※上に行く程、新しい時代です。
1.

雑種(♂)(ラブラドールとセッターの間の子)
小学校6年の時、近所に子犬が産まれて、「びよよんの家はわんこ好きなんだよね」と声を掛けて頂き、見に行くと、と〜っても可愛い子犬が!!どうしてもどうしても欲しくて、うちの子になってもらいました。太郎が亡くなって1年以上経っていました。
名前を「ラッキー」と つけたはずなのに、なぜか翌日から「ロッキー」になっていました(不思議だ〜)。

ロッキーは雷嫌いのわりと気の弱い所があるわんこ。びよよん家は太郎の件で、フィラリア等の病気に敏感になっていました。でも医者嫌い&注射嫌いなロッキーでした。門と人の間にロッキーを挟み、外から獣医さんに注射してもらったりしました。そうしないと臆病なので、恐怖でパニックになるんです。
食もわりと細くて、残したりもしました。パンが大好きだったです。外見は痩せているラブラドールそのものです。
身のこなしは軽くて、ガードレールを10才位までひらりと、助走なしで飛び越えられる所がかっこよかったです。
びよよんの運動にもつきあってもらいました。12km位一緒に走ってもらったな〜。
そうそう、女の子にモテモテ犬だったんですよ!
近所のわんこがロッキーの所にこっそり来て(ロッキーまでは皆、外犬でした)、なんと妊娠!!
そっくりな子が近所で産まれてました(^^;)

ロッキーは明日で15才になるという前日に、旅立ちました。
旅立つ1年前、急に年をとった気がしました。病気もしていましたが、寿命をまっとうしてくれたと思います。3日間寝込んで、「もうだめだ」と思った時、苦しそうなロッキーを直視することができませんでした。泣きながらなでました。旅立つ当日の朝5時頃、「わん」と、一回いったのを覚えています。きっとお別 れのあいさつだったのでしょう。ひつぎには紫陽花の花を入れました。今でも濃い紫色の紫陽花を見ると、ロッキーを思い出します。

長い間一緒にいたので、悲しみは深く、職場でもしばらくは泣いてばかりでした。世話をしていた母のショックも相当なものでした。近所の人に「あれ?ロッキーは?」と聞かれるたびに泣いて話していました。(父はみかねて、ロッキーの像を発砲スチロールで作りました)
ロッキー、あなたは私の弟みたいな可愛いわんこでしたよ。
(東京)

2.

雑種(♂)(日本スピッツと?の間の子)
福島にいた頃、隣の農家で子犬が産まれました。そして八割れ模様の可愛いわんこを1匹頂きました。それが、『太郎』です。
太郎と同居していたのはなんとニワトリの 『ウイニーホー』(その頃のテレビ番組のキャラクターから名前はとりました)
太郎よりウイニーホーのが強かったです(笑)

茨城に引っ越しました。 太郎は蛇と戦ったりもする、勇敢で頭がいいわんこでした。(びよよんは幼稚園生になりました。)

東京に引っ越しました。堂々と風格のあるわんこに成長した太郎。まるでライオンのような貫禄です。(中型犬ですが)

大きな病気もなかったのに、びよよんが小学校4年生の忘れもしない8月13日。ふだんはびよママがお散歩に行く所、珍しく家族全員で、太郎とお散歩に行きました。 家に帰ってきたら、太郎がふらふらっと、家の前の道まで歩きだし、そのままパタっと倒れ、血を吐いてしまったのです。
その原因はフィラリアという蚊から感染する恐ろしい病気でした。
びよよんは突然の事で「太郎〜太郎〜」と、名前を呼ぶ事しかできませんでした。急ぎ獣医さんが来て、注射やら色々処置をして頂いた のですが、時既に遅しで、家族全員に見守られながら6才という短い一生を終え、旅立って行ったのでした。

太郎は私が4才から10才まで一緒にいたわんこ。
学校の工作の時間では、太郎の指人形を紙粘土 で作ったり、家庭科では太郎を刺繍したエプロンを作ったり、ノートのらくがきも、いつも太郎ばかり…。
はじめて一緒に生活&成長していったわんこだったので、ショックははかりしれなかったです。
作文の題材も太郎の旅立ちについて書きました。クラスの優秀作品になり、みんなの前で歯を食いしばって泣かずに読んだ事を覚えています(うちに帰っては泣いていました)。今でも何度も泣いた事を思い出して涙が出そうです。
病気に気付いてあげたかった。 ごめんね、太郎。
(福島-茨城-東京)

3. ダルメシアン(♀)
迷い込んで1ヶ月程、びよ家にいたわんこ。びよよんはまだ保育園児。頭が良い犬でしたが、家の前が国道で、車にはねられて急に旅立ってしまいました。裏山にお墓を作った事、おぼろげに覚えています。
(福島)
4.

コリー(♀)
びよよんが産まれた時にいたわんこ。写真でしかわかりません。まだ記憶がない時、よそのお宅に行ってしまいました。 幸せな一生だったらいいなぁと思っています。
(八王子)